×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



高崎線


JR東日本

『高崎線』

開業年 1883年(日本鉄道として開業)
路線距離
(営業キロ)
74.7km(大宮〜高崎)
軌間 1067mm
駅数 19駅(三鷹駅〜千葉駅)
複線区間 全線
電化区間 全線(直流1500V)
備考
「大宮駅」から『東北本線』と分岐をして、
「高崎」までを結ぶ路線となっています。
起点は大宮なのですが、乗り入れをして「上野駅」までを、
その始発終着駅としている他、
「田端駅」付近から『山手貨物線』を使い、
『湘南新宿ライン』として、
「小田原」までの運行をしたりもします。

「高崎駅」以北へと向かう、「上越線」「信越線」の、
運行の為の路線ともされており、幹線として重要な役割を示し、
特急列車なども一部運行しています。

優等列車車両

●185系
(大宮総合車両センター/田町車両センター)
「水上」「草津」「あかぎ」号に使用
●183系
(大宮総合車両センター/幕張車両センター)
臨時列車用
●24系
(青森車両センター)
「あけぼの」号に使用

●209系5000番台
●E231系
(三鷹車両センター)

湘南新宿ラインとして製造されたE231系が、現在の『高崎線』の、
主力車両として使われています。
211系車両も比較的多く姿を見られます。


普通・快速列車車両

●211系
(高崎車両センター)

●E231系
(小山車両センター/国府津車両センター)


湘南新宿ライン快速・特別快速車両

●E231系
(小山車両センター/国府津車両センター)

湘南新宿ラインとして用いられているものは、E231系のみで、
必ずグリーン車2両が付けられている形です。


ホームライナー用車両

●185系
(大宮総合車両センター/田町車両センター)

●485系
(新潟車両センター)


過去の使用車両

●115系
●169系
●165系
●181系
●80系


駅名









湘南
新宿
ライ






●直通運転区間
●『東北本線』「上野駅」まで。
●『湘南新宿ライン』
「池袋駅」「新宿駅」経由
『東海道線』「小田原駅」まで。




大宮
宮原
上尾
北上尾
桶川
北本
鴻巣
北鴻巣
吹上
行田
熊谷
籠原
深谷
岡部
本庄
神保原
新町
倉賀野
高崎
●直通運転区間
『上越線』「新前橋駅」
『両毛線』「前橋駅」まで。





この「大宮駅」の先の場所で、『高崎線』と『宇都宮線』
線路が分かれている。

『高崎線』自体は、「上野駅」から『宇都宮線』線路を使い、
直通してきている形です。







『高崎線』に主に使用されるのは、E231系で、
115系は完全に撤退。
211系は未だに現役だが、
『湘南新宿ライン』には使われていません。

高崎線01(大宮〜宮原)
高崎線01(大宮〜宮原)


トップへ
トップへ
戻る
戻る