×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




常磐緩行線

JR東日本
『常磐緩行線』

開業年 1889年(水戸鉄道として、水戸〜小山間)開業
路線距離
(営業キロ)
29.7km
軌間 1067mm
駅数 14駅(日暮里〜岩沼)
複線区間 全線
電化区間 全線(直流1500V架空電車線方式)
備考



JR東日本「常磐線」
●使用車両


常磐緩行線仕様
●203系
●209系10000番台
●E233系2000番台

乗り入れ車両
●6000系
●06系
●16000系

『常磐緩行線』の取手までの区間は、『東京メトロ千代田線』が乗り入れるた
め、その車両が入ってくる形になります。

直流車両になっているため、
交流区間になっている「取手」より先には行く事ができません。
『東京メトロ 千代田線』の直通先としての性格が強い運行です。


駅名




綾瀬
亀有
金町
松戸
北松戸
馬橋
新松戸
北小金
南柏
北柏
我孫子
天王台
取手

『常磐線』の運行は「上野駅」からですが、
『東京メトロ 千代田線』からの乗り入れの運行となるため、
その起点は「綾瀬駅」となっています。

『快速線』からの乗り換えは「北千住駅」でします。

常磐緩行線01(北千住〜綾瀬)
常磐緩行線01(北千住〜綾瀬)


トップへ
トップへ
戻る
戻る