×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




常磐線10(取手〜藤代)

常磐線09(天王台〜取手)

JR東日本
常磐線

「取手」

常磐線は直流と交流が変わる直前の駅になります。
駅構造 島式ホーム3面6線(地上駅)
乗り換え JR東日本 常磐線(各駅停車)に乗り換え→

関東鉄道 常総線に乗り換え→
所在地 茨城県取手市中央町1-5 
キロ程 37.4km(日暮里起点)
備考
この先で直流と交流が切り替わるため、
快速電車と呼ばれるE231系の運行は、
折り返し「上野」行きとなります。

かつての取手宿となっており、歴史的建造物がありますが、
駅ビルのボックスヒル、雑居ビルなどがあります。
少し歩くと完全な住宅地になります。



一応、『関東鉄道常総線』もやって来ている駅ですが、
『常磐快速線』にとっても重要な拠点となる駅です。

『常磐緩行線』『常磐快速線』は直流の電気でしか走れないので、
この先にある直流、交流のデッドセクションを越えられません。

ここから先は、『常磐線(中距離列車)』の運行のみとなります。

一昔前は、峠の関所ような存在でもあった、
この「取手駅」ですが、
最近は直通列車も増えて来ています。



「取手駅」を出発します。
ここから先は東京近郊区間ではあるものの、
大分、今までの『常磐線』と雰囲気が異なります。



『関東鉄道常総線』を横目に進みます。






「取手駅」周辺の建物地域を抜けると、
突然、畑などが広がる地帯に入ります。







見通しがかなりよくなり、
複々線ではなく、複線になっています。



「藤代駅」が見えてきます。



この辺りにデッドセクションがありますが、
交直流どちらでも走行できる、E531系は、
何の変化も無く通っていきます。

常磐線11(藤代〜佐貫)
常磐線11(藤代〜佐貫)


トップへ
トップへ
戻る
戻る