×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




中央・総武緩行線(中央本線/総武本線)33(津田沼〜幕張本郷)

中央・総武緩行線(中央本線/総武本線)32(東船橋〜津田沼)

JR東日本
中央・総武緩行線

「津田沼」

船橋の名を冠する駅ですが、駅前は郊外駅としています。
駅構造 島式ホーム3面6線(地上駅)(JR東日本)
キロ程 26.7km(東京起点)
乗り換え
JR東日本 総武快速線に乗り換え→
所在地 千葉県習志野市津田沼一丁目1-1
備考 「津田沼」は船橋市の中でも乗降客数の多い駅です。
習志野市にもまたがっていますが、北口の商店街の、
大部分が船橋市に位置します。
習志野市の津田沼には、
『新京成電鉄』の「新津田沼駅」があり、
こちらとは結構離れています。

津田沼駅には駅ビルである、Dila津田沼があります。

日中の各駅停車の半数が「中野」方面に折り返す他、
『快速線』も『横須賀線』方面へ折り返します。
平日のラッシュ時のみ、各駅停車ホームから、
『東京メトロ 東西線』の直通列車運行があります。


「津田沼駅」を出発します。



線路は、『快速線』の方が3線の、
5線状態で進んで行きます。



これは、次の「幕張本郷駅」で、
『快速線』の方に車両基地があるためです。



右側からは、『京成電鉄』が近づいてきます。



かつて『総武快速線』で使われていた、
横須賀線色の113系ですが、
これは今では房総半島路線で使われているようです。



「幕張本郷駅」が見えてきます。



『快速線』は片方の上り線のみが隣接しています。

中央・総武緩行線(中央本線/総武本線)34(幕張本郷〜幕張)
中央・総武緩行線(中央本線/総武本線)34(幕張本郷〜幕張)


トップへ
トップへ
戻る
戻る